ドル千尋の文字流し

こんにちは。ドル千尋です。アイコン変えました。

北欧旅行記1〜出発まで〜

こんにちは、ドル千尋です。
先週1週間は初の海外旅行に行っていたため毎日疲れて気付けば寝ていて更新できませんでした。
PCは持っていっていたんですけどね、どうにも寝てしまいました。。。

初めての成田

海外に行くためには、どうやら"飛行機"という乗り物に乗って行くようです。
そしてその飛行機に乗るためには"空港"という、電車で言う駅みたいなところに行かなければなりません。
ということで25年の人生初・成田空港にやってきました!

画像

おお〜ここが成田空港か〜!
手続きロビー?はかなり広く、ビッグサイトとか幕張メッセのようなイベントごとに使う会場を思い出しました。
当たり前ですが日本人もたくさんいましたが、街中に比べると外国の方を見かけることも多かったです。

腹ごしらえ

我々のフライトは17:25ですが、何かあった時のために12:00に集合しました。絶対に早すぎましたが遅すぎるよりは数倍良いです。
そのため空港内で昼食を食べることに。
コロナの影響か営業していないお店も数多く、空いていて美味しそうだったのでサブウェイでお昼にしました。

画像

手続きなどを済ませてついに

その後展望デッキに出てみたりなんやかんやしていると手続きができる時間に。
今回はタイ航空でバンコクスワンナプーム)経由でストックホルム(アーランダ)に到着するフライトの予定なのでタイ航空のデスクを探しました。
反対の端だったので結構歩きましたがすぐに見つけられました。
そこでパスポートとワクチンの接種証明を見せ、預ける荷物の重量確認やフライトについて説明を受けると航空券をゲット!いよいよ飛ぶのかという気持ちになりました。
その後手荷物検査などを経て乗り場のある、免税店などがたくさんある区画(名称がわからない)に入ることができました!こちらには先ほどよりも多くの海外の方がおり、とても賑わっていました。
パイロットや乗務員と思しき人もいてとってもかっこよかったです。落としてしまった小銭を拾ってもらいました。惚れてしまうところでした。
飲み物などを購入して、数十分待っているとやっと搭乗のアナウンスが。

画像

バンコクまでは6時間ほど。無事に着くことを祈ります。
いざ、初の海外へ!!!!!!

つづく…

SONY VLOGCAM ZV-E10L を買った!

▲自分でデザインしてみました。どうでしょうか、、、

こんにちは、ドル千尋です。
秋~冬が大好きな私は、最近涼しくなり始めたことを大変喜ばしく思っています。
とはいえ、まだまだ気温も湿度も高く、手放しに秋の訪れだ!と喜べていません。

初めてのカメラ

さて、タイトルにもしましたが、人生で初めてカメラを購入しました!
SONY VLOGCAM ZV-E10Lという機種?モデル?にしました。
全くのカメラ初心者で、事前知識も何もなく、カメラの知識で言ったら生まれたての赤子と同等レベルです。

予算10万円でカメラ売り場に乗り込んだのですが、10万円という予算はカメラを購入するには少ないようでした。眺めていたところ、レンズだけで数万円は当たり前みたいですね。すごい世界だ、、、!

選ばれたのはSONYでした

もしかしたら10万円で買えるカメラはないのかもしれないと思いつつも店員さんに予算10万円でおすすめはあるか聞いたところ「10万円でしたらこれだけですね~」と言われて紹介されたのが
SONY VLOGCAM ZV-E10L」でした。
店員さん曰く、15万円なら数種類、20万円なら結構選べるらしいです。ただ10万円だとこれだけとのこと。
知識のない私は言われるがまま、即決で購入。SDカードと画面保護シートを付けて96,000円くらいでした。なかなか自分としては思い切った決断でした。

即決した理由

即決した理由ですが、9/17~人生初の海外旅行に行く予定だからです。
初めての海外、やっぱりかっこいい写真を撮りたい!と思って購入を決意しました。
影技術とか知識とかはまるでないのでたくさん撮って練習してきたいと思います。

終わりに

まだ買ってから外に出て撮影することができていないので、数日のうちに近所を撮影したいと思います。
週末には海外に向けて出発なので時間がありません。(もっと余裕をもって買っておけよって話ですが)
また写真を上げたりできたらいいなと思っています。
一眼ライフ、楽しみたいですね!
それでは、また。さようなら。

さて、今週金曜日は!!

こんにちは、ドル千尋です。
おそらく全世界の生物、有機物、無機物、物質たちが待ち望んだ日がやってきますね。

スプラトゥーン3の発売日だ!!!

今週の金曜日(9/9)にスプラトゥーン3が発売されます!
いやぁ、私は2からやり始めたのでスプラ古参ファンかと言われるとちょっと疑問符がつきますが、2は結構プレイしました。
プレイ時間を確認したところ、1625時間以上プレイしているようです。
1625時間?!えっ??ちょっとやりすぎでは??1日って24時間ですよね?こっわ。

もちろん有給を取りました。

発売日は金曜日で平日です。でもやっぱり発売日にたくさんやり込みたいじゃないですか。新しい物好きなのでその気持ちは抑えられませんでした。
ということでちゃんとしっかり有給をとりました!
上司には「私用のため」と有給申請したのですが、「なんで休むのか理由を言ったら承認するよ(冗談)」と言われたので「スプラ3の発売日だからです!」と嘘偽りなく教えてあげました。ちゃんと承認してくれました。

とは言いつつも

ゲーム配信者とかではないので1日12時間とかはやるつもりはありません。
結果的にそのくらいやってしまうこともあるかもしれませんが、気持ち的にはやるつもりはありません。やっちゃうかもしれませんが。やるつもりはありません。

終わりに

楽しみだーーーーーーーー!
今日明日はスプラ2を楽しもうと思います。
それでは。

音楽の好みが変わってきたのはストレスが関係しているっぽい?②

pasokon7.hatenablog.com

こんにちは。
前回の記事の続きです。

音楽の好みとストレスについて自身を分析しようと思っています。
その前段階として幼少から現在まで聴いてきた音楽をたどっているところで、前回は高校まで書きました。
今回は大学〜現在までです。
最後に稚拙ながらまとめましたので、暇な時に読んでみてください。

大学(4年間通して)

大学時代は、ほとんど高校と同じジャンルを好んでいて、内容が深化していった感じでした。
メタルの中には数多くのサブジャンルがあるのですが、高校時代には手を出していなかったサブジャンルにも手を出して、WALKMANの容量が足りなくなってしまうこともしばしば。
たくさんメタルを聴きましたが、メロデスは終始好きでした。アーチエネミーやチルボドから派生してThe Black Dahlia Murderやキャトルデカピテイションなどをよく聴いていました。
ブラダリのライブの衝撃は凄まじく、もう5年近く前のことですが、最高のライブだったと記憶しています。渋谷に黒いバンドTシャツを着たいかつい人々が列を作っていた光景は忘れられません。

メロデスの他にもたくさん、パワーメタルやスピードメタル、もちろんプログレッシヴメタルも聴き続けていました。その日の気分によって"何メタル"を聴くか考えるのも楽しかったです。

大学(3年〜)

大学3年くらいにジャズを聴くようになりました。メタルを聴きつつ、卒論を書くときなどにはジャズを聴きながら作業をするという感じで、聴き込むというよりはBGMのように聴くことが多かったです。
そのため、詳しくなるようなことはなく、なんとなく奏者を知っていてなんとなく特徴を知っている、くらいでした。なのでジャズを聞いていることはあまり人には話さなかったです。にわかだと思われるのが怖いので…笑
主に聴いていたのはビルエヴァンス、パットメセニー、ジムホール、アヴィシャイコーエンなど、年代も楽器もバラバラな有名どころを聴いていました。

社会人(1〜2年目)

私が社会人になった2020年は世界で新型コロナウイルスが蔓延し、働き方が大きく変わった年です。
しかし、私は入社時の研修こそオンラインだったものの、その後配属されてからの業務は必ず出社だったので、通勤電車の中で音楽を聴くことがほとんどでした。
まぁ、この記事ではお馴染みになりましたが、もちろんメタルばかり聴いており、それに加えて音楽のサブスクに加入したためその幅がかなり広がっていました。
デスコアやニューメタルなど、今までレンタルCDショップになかなか置いていなかったニッチなバンドまで網羅できるようになりました。
もっと早く加入するべきだったと後悔しています。こんなに自由に音楽が聴けるなんて!いい時代に生まれたなぁと。

社会人(3年目〜)

現在なのですが、仕事は部署移動があったので、多い時には週4で在宅勤務をしています。
通勤があまりなくなったので音楽を聴く場所は電車の中から、自宅に変わりました。
するとどうでしょう、あんなにメタル漬けだった私のプレイリストにはジャズやポップスが増えたのです。
仕事中にメタルを聴いてしまうと音楽に気を取られてしまうので思考を邪魔しないような音楽がメインになってきました。
そして、Apple Musicに設定されているプレイリスト、たとえば「集中」とか「デスクワーク」とかそういったものを多く聴くようになりました。
音楽をジャンルで分けて聴かなくなったのです。

ストレスとの関係

ここまで長々と自分の音楽遍歴を書いてきましたが、私が気づいたことはここから。
今まで音楽は通学や通勤などで聴いてきました。私は人と会う、一人で自宅以外の場所に行くことがとてもストレスです。できることなら家から出たくないし人ともあまり会いたくありません。
何が言いたいのかというと、通勤通学は私にとってすごくストレスだったので、そのストレスの発散方法としてメタルを聴いていたのではないかと思うのです。
もちろん、メタルという音楽は大好きで愛しているし、自分の性格や人格を形成している一部だとも思っていますが、それに加えて手軽なストレス発散の手段だったのではないかと思うのです。
実際、現在も出社する日には無意識にメタルを聴いて会社に向かっています。家を出た時には穏やかな曲を聴いていても、不思議なことに気づけばメタルを聴いています。

何が言いたいのかというと
ストレスを感じる→メタル
ストレスを感じない→メタル以外
という音楽の聴き方を無意識にしているようなのです。

ストレスを感じないと思っていた

今まで自分はあまりストレスを感じない性格だと思っていました。
常に今が楽しいと思えているハッピー人間ですし。
それでも瞬間瞬間ではストレスを感じているみたいです。そのストレスを長く保持しないための発散手段として、メタル(広義には音楽)が私には必要でした。
ストレスをそもそも感じない生活になった今、それがあまり必要ではなくなったということだと分析しています。

終わりに

とても長くなってしまいましたが、以上が音楽の好みとストレスとの関係を個人的に分析した結果でした。
メタルを聴かない精神状態でありたいですね。でもメタルは大好きでもっと聴きたいので穏やかな気持ちでメタルを聴けるようになりたいと思います。
それでは、また。さようなら。

音楽の好みが変わってきたのはストレスが関係しているっぽい?①


こんにちは、ドル千尋です。
今日は、自分の音楽の好みについて気づいたことがあるのでそのことについて書きたいと思います。

幼少〜高校まで

私は幼少の頃から高校生になるまで、ずっとずーーーーーっとクイーンが好きでした。
ヴォーカルのフレディ・マーキュリーは私が生まれる前に亡くなっていますが、古さを感じさせないサウンド、歌声、メロディ、コーラス。最高です。
映画にもなって近年再び注目を集めたりしましたが、そんな風になる前から好きでした。(古参アピール)
きっかけは父親の車の中でかかっていたことだと思います。
当然父親セレクトの曲になるので、幼子にしては渋い曲ばかり知っている子だったと思います。中島みゆきとか、ユーミンとかも記憶にあります。
しかし私が一番ハマったのはクイーン。歌詞の意味とかはよくわかりませんが(今でも)それでも魅力を感じざるを得ませんでした。素晴らしい。

その後、小学生中学生になっても音楽の趣味が変わることはなく、ずっとクイーンばかり聴いていました。
私が中学生の時に世の中は空前のAKB48ブームが到来しましたが、数曲聴いて飽きてしまいました。

高校(ロック期)

高校に進学し、お世辞にも社交的と言えない性格の私は入学当初は登下校はもちろん、休み時間もイヤホンをしてクイーンを聴き続けていました。
そんな根暗な私にもいつしか友人ができ、そいつの影響でクイーン以外のロックを聴くようになりました。
ガンズアンドローゼズ、レッドツェッペリン、ディープパープル、オジーオズボーン、etc…
およそ2010年代の高校生とは思えないラインナップです。どのバンドも1970-1990年代。古き良きハードロックを我々は追い求めていました。

私は、先ほどあげたバンドの中でも激しい曲が好みだったので、自分は激しい音楽が好きなのでは?と気がつくのです。
するとロックを勧めてくれた友人がメタルに詳しい別の友人を紹介してくれるというではありませんか!
今思うとこれ、めちゃくちゃ男子校っぽいエピソードな気がします。(男子校でした。)

高校(メタル期)

そして私はついに未知の領域、メタルへと足を踏み入れることになりました。
しかし「無知のままでメタルに詳しい人に会ったら恥ずかしいぞ」という謎のプライドがあったので、ちょっと勉強してから紹介してもらうことにしました。
最初はメタルの中でもハードロックに近い「ヘヴィメタル」というジャンルから、と思いアイアンメイデンを一通り予習して、いざメタルの友人の元へ。
アイアンメイデン聴いてるよ、とちゃんと勉強しましたよアピールをしましたが、「俺アイアンメイデンはあんまり聴いてないや」と1ターンで会話は終わってしまいました。残念。
若干気まずい時間が流れた後、「これ聴いてみて感想教えて」とUSBメモリを渡されました。事前にロックの友人が話を通してくれていたため、用意してくれていたのです。ありがたい。
そのUSBには私が今まで出会ってきた音楽とは比べ物にならない重金属のようなサウンドが…!!!!!
たしかチルドレンオブボドム、メガデスあたりが収録されていたと思います。
私が思い描いていた"メタル"はこれだ!と思いましたね。とにかく激しい。重い。速い。デスヴォイス。私をメタルの沼に引き込むには十分すぎるサウンドでした。
そして少し毛色がちがうプログレッシヴメタルのバンド「ドリームシアター」も収録されていました。単純で重く激しいものを求めていた私には少し難解な曲調で、初めはあまり聴いていませんでしたが、聴いていくうちに緻密な音運びに超絶技巧、アルバム全体で完成する壮大な音楽にみるみる引き込まれていきました。
そしてのちにメタルの友人本人から聞いた話ですが、私が幼い時からピアノを習っているという情報をロックの友人から聞いていたようで、「クラシックの人だったら理解してくれると思って」とドリームシアターも入れてくれていたとのこと。
メタルをある程度聴いた現在の私からすると、「メタル聴いてみたい!」という人にドリームシアターを薦めるのは正気の沙汰ではありません。
まぁ、そのおかげで私はドリームシアターにハマり、ライブにも行くほどになりましたが。こんなにも素晴らしいバンドを教えてくれた彼には感謝しかありません。

終わりに

ストレスと音楽との関係を書こうと思っていたのに好きなことについて書き始めたら止まらなくなってしまいました。
ちょっと長くなってきたのでパートを分けて書こうと思います。
パート分けるほどの内容じゃないのに、、、まあいいか。
それでは、また次回に。

8/24 0→1はすごい。がんばれない。

こんにちは。久しぶりの投稿です。
日記なのでゆるーく読んでもらえると嬉しいです。

中高生の体力ありすぎ。

私が中学生のころ(もう10年も前のことですが)は、部活の朝練が7:30〜あって、授業を受けてその後部活。夏場だと18:00くらいまであったと思います。
そしてその後週一回ピアノ教室に通っていました。そしてそこそこ真面目にやっていたのでレッスン以外の日は練習。テスト期間となればテスト勉強(しているフリをしていたこともしばしば)。
そしてまた次の日が来て学校に行き、、、
土日は部活の練習試合や大会。ちゃんと休みがあるのはお盆と年末年始くらいだったような気がします。
冷静になってみてみると、中高生頑張りすぎじゃない???
上記の時間以外に隙間時間を見つけて友人(ここでは私の友人が少ないということは考慮しないものとします)と遊んだりしているんですよ?
すっごい。これに学習塾とか通っている人もいましたし、まったくすごいですよね。
社会人になってから見てみると完全にブラックですよね。
がんばっていたなぁ、としみじみ思います。

がんばっていた、ということは。

がんばっていたなぁと思うということは、今は頑張っていません。
仕事はそこそこ、まぁそこそこぼちぼちやっていますが、そんな感じです。バリバリ休む暇もなく、という感じではありません。
仕事に通じる勉強をしなくちゃ、と毎日思っていますが、できていません。
勉強し始めちゃえば流れでできるのですが、始めるのに時間がかかりすぎてしまいます。
これは昔からそうだったといえばそうだったのですが、社会人になってから顕著です。0→1が本当にできない。
色々と試行錯誤して、どうにかやる気を起こそうとしているのですが、イマイチ効果がありません。
「毎日勉強しなきゃ死ぬ」くらい追い込まれないとできない気がしています。
ここまでくると才能かもしれません。でも、悩みです。

 終わりに

頑張れない、ということを書いてきましたが、なんだか昔から特に頑張れてなかったのかも。
ただ単に一般的な中高生が忙しいだけで自分の中高生時代は特に忙しいとかはなかったかもしれません。
もう、10年も前のことなので記憶が曖昧ですし。
頑張れる人間に、そのうちなれるかなぁ。
それでは。

8/18 ネットワークビジネスに勧誘されまくる。

こんにちは、ドル千尋です。
最近やりたいことが多く、何もできるようになる気がしていません。
全部中途半端になってしまいそうです。でも、やりたいことなのでやりたいときにやっています。

思いつきで。

そんな、やりたいことがたくさんある私ですが、以前に社内向けにフライヤーなどを作成する機会があり、ちょっとデザイン的なところに興味があります。
一人で黙々と制作物を生み出し続けてもいいですが、誰かしらに見てもらいたいと思いました。
そこでInstagramの専用アカウントを作り、作品を上げることを思いついたのです。

#デザイン初心者 は見張られている?

ちょっとした物を作り、初投稿をしてみることにしました。
ハッシュタグをつけて投稿しようと思い、#デザイン初心者 #社会人 …などいくつかつけました。
すると数十分で複数人からフォローとDMが!(4人くらい)
そんなに反応をもらえると思ってなかったので少し浮き足立って返信をしていきました。
DMを送ってきた人はみんなちゃんと自己紹介をしてきて、同じくデザインを学んでいる、みたいなことを言っていました。
デザインに興味がある人ってたくさんいるんだな〜くらいに思っていましたが、ちょっとみんな文面が似ている気がする、、、とも思いました。
そして各々と似ているけど違う会話をしていると、ちょっと様子がおかしくなってきました。
それぞれ別の人なのに、同じところに着地しようとしているのです。
というのも「オンラインでお話ししませんか?」「価値のある話ができそうです!」「通話しましょう!働き方について!」
んん??うーーん。うん???こりゃ、ネットワークビジネスでは?!
デザインって副業とかと結びつきやすいからか、おそらくデザイン初心者というタグがそういう「楽して稼ぐ」系のビジネス(笑)のひとに見張られてるんでしょうね。。。
いいカモだと思われて、たかられた感じですかね。

細々思いついたデザインは上げていく予定。

そんな、ちょっと滑り出しの印象が良くなかったアカウントですが、今後も少しずつ更新していく予定です。
デザインとかできるようになりたいです。
HTMLとかCSSを学んで、webデザインの方向もできるようになったら楽しそうですね。
他のやりたいこととのバランスを見ながらできたらやりたいと思います。

終わりに

世知辛いですね。
それだけです。それでは、また。